冬の肌ケア

1年じゅう、いつでも肌ケアは必須のことですが、冬にしなければならない肌ケアとは何でしょうか。冬は外気が乾燥しがちで、肌の水分不足が気にかかります。気温が下がると、空気も乾燥して湿度も低下します。その結果肌が必要な水分が逃げていってしまうのです。屋内でエアコンを多用することも、外気の乾燥を促進します。冬の間の肌ケアでは、特に乾燥対策が重要になってくるでしょう。

肌を乾燥から守ることが、冬のスキンケアの基本です。入浴の後や、クレンジング後の皮膚は乾燥していますので、すぐ潤いをプラスします。数分間の間にも肌の水分はどんどん逃げて行ってしまいます。洗顔後はたっぷりと化粧水をつけて肌に水分を補いましょう。しっかり保湿をしたら、クリームや乳液でフタをして、これ以上肌から水分が逃げていかないような状態にすることも必要になります。最初に化粧水で保湿し、それから乳液などで乾燥を防ぎます。1日の洗顔の回数を少なくすることで、冬場のお肌の乾燥をできるだけ予防することも重要になります。皮膚を乾燥させないで洗顔をするには、洗顔時の湯温はぬるま湯程度にすることが大事です。ビタミンAのサプリメントを摂取して、体の内部から乾燥対策を講じることも肌のケアには効果があります。肌に分泌される皮脂量は、ビタミンAの影響を受けているからです。体の外側と内側両方からしっかりと肌ケアをすることが冬の乾燥肌を防ぐポイントだといえるでしょう。
ブラックでも融資してくれる所